医院について治療について治療の流れ治療開始時期治療費についてお支払い方法-治療例インフォーメーション日本臨床矯正歯科医会 site-map
 
治療開始時期

以下の治療の費用は、すべて消費税が含まれています

■■ 治療開始前に必要な費用 ■■
(1)
初診相談料  
3,000円
(税込:3,240円)
(2)
経過観察料  
1,000円
(税込:1,080円)
(3)
検査・診断料  
    全体的治療
50,000円
(税込:54,000円)
    前期治療
30,000円
(税込:32,400円)
    後期治療
30,000円
(税込:32,400円)
    部分的治療 A
30,000円
(税込:32,400円)
      B
20,000円
(税込:21,600円)
         
■■ 治療開始後に必要な費用 ■■
(1)
部分治療の場合 部分的治療費
50,000〜500,000円
(税込:54,000〜540,000円
(2)
前期・後期にわけて治療を行う場合 前期治療費 A
400,000円
(税込:432,000円)
  B
450,000円
(税込:486,000円)
後期治療費
  全体的治療費から前期治療費を引いたものとなります  
(3)
全体的治療及び
前期・後期にわけて治療を行う場合
全体的治療費 A
750,000円
(税込:810,000円)
  B
800,000円
(税込:864,000円)
  C
850,000円
(税込:918,000円)
  D
900,000円
(税込:972,000円)
  E
950,000円
(税込:1,026,000円)
  • 治療費は、治療期間、治療内容、難易度などにより異なりますが、検査後の診断により決定いたします。
  • 治療費には装置料及び毎回の処置費が含まれています。(2年間保定治療終了時まで)
  • 保定治療 (動的治療終了後2年間) 以降の観察につきましては、1回の来院ごとに経過観察料(1,000円[税込1,080円]、特別な処置が必要な場合は処置費3,000円[税込3,240円])をいただきます。
  1. 後期治療費は、後期治療開始時点での診断により全体的治療費(A〜E) から、すでにお支払いいただいた前期治療費 (AまたはB) を差し引いた金額とさせていただきます。
  2. 動的治療終了後、2年以上経過してからの再治療が必用となった場合は、原則として1来院につき3,000円(税込3,240円)の処置費をご負担いただきます。
  3. 患者さんの不注意により装置を紛失、破損した場合は、装置再製作のための実費を別途ご負担いただきます。
  4. 患者さんの不注意、非協力による治療の遅延及び動的治療後のあともどりについては、別途治療費をご負担いただくことがありますので、ご了承下さい。
        (2014.4.1現在)

page_top