医院について治療例インフォーメーション本の紹介くまだよりバックナンバー個人情報について-日本臨床矯正歯科医会 map_and_access site-map
 
くまだより
 
■■ くまだより バックナンバー ■■
 
no.1no.2no.3no.4no.5no.6no.7no.8no.9no.10no.11
 


みなさんこんにちは!!さむくなってきましたね〜。カゼなどをひいていませんか?体調をくずして通院できなくなっちゃうことなんてないようにしっかり予防しようね!!
さて今回は前回のつづき”受付で販売している商品の使い方”です!

 

8.チェックアップ

フッ素、キシリトール配合の歯磨剤です。
(キシリトールについてはNO2をみてね)
チェックアップには香料のちがう大人用と小人用、歯磨剤の入っていない泡タイプの3種類があります。

チェックアップを歯ブラシの植毛部分と同じ長さに出し歯磨きします。
歯磨き後はうがいをしすぎないように…3〜4秒間のうがいを2〜3回して下さい。その後1時間位飲食を控える様にすると効果がアップします。


9.リテーナーシャイン

リテーナー(保定装置)やお口の中で使う取りはずしができる装置の洗浄の為に使用します。
コップの水にリテーナーシャインを1錠入れそこに装置を入れます。
10〜30分ご取り出し、流水でよく洗い流してから使用して下さい。

10.レッドコート

歯についている汚れの確認の為に使用します。
口の中に2〜3滴たらして(又は綿棒で歯にまんべなくつける)舌を動かして歯につけたり、ブクブクしたりして歯の表側・裏側が全部赤く染まるようにします。その後2〜3回お水でうがいをして赤く残っている所が汚れです。 唇、舌、歯肉も染まってしまいますので、唇には薬用リップなどをぬってから行うと良いでしょう。 ハブラシも赤くなってしまいまが、そのまま使用できます。




”矯正治療の進め方ABC” Step4

前回のStep3までの治療ですでに歯並びは平らになり、上下の犬歯から後ろの歯(犬歯、小臼歯、大臼歯)も正しい関係で並びましたね。
さて、今回のStep4では4本の前歯を移動します。

さぁ、前歯をさげましょう!

治療前に上顎前突(出っ歯)だった人にとってはようやく望みがかなえられるStepがきたことになりますね。下顎前突(受け口)だった人では、このStepに入る前にすでに前歯の前後的関係は治っている場合が多いのですが、このStepではじめて治ること(主に下の前歯をまとめて後ろに動かすことにより)もあります。

ちょっと複雑なワイヤーになるよ!
それでは具体的にはどんなことをするのかお話しましょう。繰り返しになりますがこのStepまでに犬歯より後ろの歯はすでに凸凹も治り、前後的関係も良くなっているのですが、あとはこの状態をくずさないようにしながら上下の前歯4本ずつをまとめて後ろに引っぱればよいわけです。

普通よくやる方法は左右の犬歯から後ろの歯を左右それぞれい1本ずつのワイヤーで固定しておき前歯4本と途中の歯を飛ばして一番奥の大臼歯をつないだ1本のワイヤーで(合計3本のワイヤーを使う)前歯を後ろに引っぱるのです。また時には前歯も横の歯(犬歯と小臼歯)も奥歯(大臼歯)もすべて1本のワイヤーでつないだ状態で4本の前歯をさげることもあります。

このステップではいま説明したようにお口の中にはちょっと複雑なワイヤーが入ることになりますから歯磨きは一生懸命、丁寧にやらないと虫歯を作ってしまったり、歯周炎をおこしたりしてしまいますからがんばってね。

また、横の歯や奥歯の関係を保つために「顎間ゴム」を使っていただくことがしばしばあります。これをきっちり使っていただかないと今までの努力がすべて水の泡になってしまうので「顎間ゴム」を使うことになった時には指示された通りしっかりと使ってくださいね。

ここまで治療が進むと上下の前歯の位置関係もほぼ正常な状態になり出っ歯だった人の上の前歯はさがり、受け口だった人の下の前歯もさがります。口元もだいぶすっきりしてきて、今までの苦労がむくわれた気持ちになるでしょう!! あともうひとがんばり!

 

 
page_top