医院について治療例インフォーメーション本の紹介くまだよりバックナンバー個人情報について-日本臨床矯正歯科医会 map_and_access site-map
 
くまだより
 
■■ くまだより バックナンバー ■■
 
no.1no.2no.3no.4no.5no.6no.7no.8no.9no.10no.11
 


”矯正治療の進め方ABC”
今回はStep3のお話です。Step3では上下の犬歯から後ろの歯(犬歯・小臼歯・大臼歯)を正しい位置関係にしていきます。

 

Step3では?
 
Step1でも奥歯(主に第一大臼歯)の前後的位置関係は治しておきますが、ここではその第一大臼歯のほかにさらに手前の小臼歯と犬歯の前後的関係を正しく位置付けていきます。抜歯(犬歯のすぐ後ろの第一小臼歯を抜く場合が多い)をして治療している場合に、抜歯によってできたすき間を利用して犬歯から後ろの歯を正しい位置関係に治して行きますから、これらの歯の位置付けができる頃には抜歯した後のすき間もほぼなくなってきます。

正しい噛み合せって?

上下の犬歯から後ろの歯の前後的な位置関係は普通2本の歯に対して1本の歯が並んでいます。もちろん歯の本数や大きさが上下で違っているような人の場合にはこのような噛み合せにすることができない場合がありますが……

歯を引っぱる チェーン・エラスティック

今までお話した犬歯や小臼歯を前後的に動かすにはどのような方法があるのでしょうか……。一番多く使われる方法はリング状につながったゴム(チェーン・エラスティック)で引っぱる方法です。このゴムは非常に弱い力が継続的にかかるように開発されたものですから歯には通常1ヵ月位は十分にちからが加えられることになります。このようにして歯は前後的に動かされて行きますが、ただ単純に引っぱっりこをすると歯はお互いに寄り合うような格好で傾いたり、あまり動いてほしくない方の歯が動いてしまったりします。そこでこういうことを防ぐためにあらかじめワイヤーをいろいろと曲げておく必要があるのです。

顎間ゴムは大切

このステップをしっかりと行うために(前後関係をしっかりと保つために)上下のあごの間でゴムリングを使うことがあります。このゴムのことを”顎間ゴム”と呼んでいます。これはドクターが指示した位置に患者さん自身がかけたりはずしたりするもので食べる時と歯を磨く時以外はかけたままでいてもらいます。
”顎間ゴム”は治療の中では非常に大切な役割をもっていますから指示どおりにしっかりと使わないと治療が予定通りに進まなくなったり、思うように治らなくなってしまいますので使うときは是非がんばってね!!
犬歯の後ろの歯の関係が良くなったらいよいよ前歯を動かし始めます。ただし受け口のような場合には最初の段階で前方に押し出してやることもあります。この方法はStep4で詳しく説明します。


募集!!
矯正治療を現在している人、すでに歯を動かす治療を終えて経過観察で通っている人、矯正治療に関する感想文をお寄せください。 つらかったこと、うれしかったことなど何でもOKです!!(FAXやメールでもOKです。)粗品進呈!! ペンネームでOKです。

矯正に関することや歯についての疑問・心配なことなど何でもいいから質問してね。言いにくかったら紙に書いて受付のスタッフに渡してください。先生や衛生士のお姉さんがあとでお答えします。
 
page_top