医院について治療例インフォーメーション本の紹介くまだよりバックナンバー個人情報について-日本臨床矯正歯科医会 map_and_access site-map
 
くまだより
 
■■ くまだより バックナンバー ■■
 
no.1no.2no.3no.4no.5no.6no.7no.8no.9no.10no.11
 


みなさんこんにちは!!
今回は
”矯正治療の進め方ABCあなたの治療は今どのへんかな?” という事をテーマにしてみました。「私の治療は今何をやっているのかな?」「この後どんなことをやるんだろう」「いつごろ装置ははずせるのかな?」こんな疑問を持っているあなたに少し説明しましょう。もちろん治療の内容や進め方はその人のはじめた状態、治療をはじめた時期(年齢)などによってちがいますが、ここでは一番一般的な治療を例にとってお話をしていきましょう。今回は治療のはじめから終わりまでの全体像をつかんでいただくために主なステップをすべて上げ簡単に説明します。そして次回からそれぞれのステップについてもう少し詳しくお話することにします。

 


ー STEP1 ー

上下のあごの関係と奥歯(主に第一大臼歯、真中から数えて6番目だよ。)の関係を治す。

ー STEP2 ー

上下すべての歯の凸凹を治し平らな平面になるように並べる。 

ー STEP3 ー

上下の犬歯から後ろの歯(犬歯・小臼歯・大臼歯)を正しい位置関係にする。(第一大臼歯が基準だよ)

ー STEP4 ー

上下の4本の前歯(2本の中切歯と2本の側切歯)をまとめて動かし正しい位置関係にする。



ー STEP5 ー
1本1本の歯の細かな位置付けをして、上下の歯がしっかり噛むように仕上げを行う。(ここでもう満足していてはダメです。もう少しです。)
 

ー STEP6 ー
歯を動かすための矯正装置をはずし、歯がその位置で安定するまで保定装置(リテーナー)により固定しておく(保定治療という)。期間は矯正装置をつけていた期間が目安となるでしょう。

     
 

 
page_top